京都・堀川今出川の「UCHU wagashi」でdrawing

西陣の路地にあるナウなお菓子屋さん。

雑誌で目にして、ぜひお土産にしようと思ってたんだ。

元々、グラフィックデザイナーだった人が立ち上げたお店らしいの。

お店は町家をスタイリッシュに改装してあって、
商品ディスプレイやら、ミニ築山やら、非常にかっこいい作り。

中に入るとさわやかなナチュラルなシャツ姿の若人が対応してくれ、
他のお菓子屋さんとはやっぱちょっと違うんだなぁと感じたよ。

今のとこ、商品は干菓子が中心みたい。

どれも面白い意匠、面白い味付けがなされていて、新鮮だわ。

色とりどりのdrawingは、自分で好きな形を描ける落雁。
こいつをそれっぽく配置した写真が、メディアでもよく使われてるよね。

自称アート人な妹に渡したところ、
黄色で放射能マーク作ってたけどね・・・通販生活か!

我々はいくら背伸びしても、ろくでなしな本質からは逃れられないんだよね。

animalはカワイイ動物型。

そうだよね、モチーフとして草花が良くて、
ポップなキャラクターがダメな理由は無いもんな。

お味はなんとバニラとココアなんですよ!

単なる企画モノ、キワモノではなく、
お菓子としても十分おいしいです。

ただ、名だたる京名菓を食べ比べている中では、
干菓子として、まだ壁を超えてないような気もします。

風味やら、口どけやら、スゲー繊細な世界だもんな。
新規の素材が完全に馴染むまで、もうちょっとかかるのかもね。

ただ、こういう試みはとっても良いと思う!
当代には当代の文化を反映させたお菓子があるべきだもん。

今後に期待して、見守って行きたいね。

レクタン大