京都・河原町の「ニキニキ」でカネール

木屋町の出口んとこにあるお菓子屋さん。

「聖護院八ツ橋」が仕掛けるニューウェーブ店なんだよ。

ショーケースを覗くとびっくりする!。
マジパン細工のような色とりどりのお菓子が並んでるんだわ。

ポップ&キュート。
これが八ツ橋の皮を着色して作ってるものだっていうんだから驚くよね!

好みの風味のカラフル皮とジャムやらの具を組み合わせる八ツ橋があったりと、
ホントはそういうのを買って帰って紹介しようと思ってたんだ。

でもさぁ、コンセプトは面白いんだけど、
実物見たら、いまいち完成度が荒いというか、
チビッコ粘土細工臭がしてしまって・・・

「聖護院八ツ橋」で買おうと思っていたカネールがこっちにも売ってたので、それに逃げちゃったよ。

一応、パッケージや包装の体裁が異なるみたい。
こっちはスィートテイストで、いかにも女子好きしそうだよね。

さて、カネールとはなんぞやというと、これも八ツ橋なんだわ。

瓦状に焼いたタイプのがあるじゃん。
あれをもっと薄くして、クルクルッとスティック状に丸めたもの。

パキポキって感じの食感が心地よく、
確かに通常タイプよりも良い感じで、若い世代にも受けそう。

あまり奇抜に走った新商品よりも、
伝統をわずかに捻ったこういうアイデアの方が好感持てるわ。

通常のニッキとコーヒーの二味あって、
後者はだいぶほろ苦くて、好き嫌い分かれそうかな。

値段はそうねぇ、ちょっと高いかな?
きっとオートメーション出来てないんだろうね。

レクタン大