京都・丸太町の「亀屋友永」で焼栗松露

スポンサーリンク

新町通りにあるお菓子屋さん。

これは京都駅の伊勢丹で購入したものです。

私は単純なデブなので、表面に砂糖やザラメがまぶされたお菓子はたいてい好物なんです。

あんこ玉をすり蜜で覆った松露も、もちろん大好きなもの。小さなひと粒で、一杯の茶を喫することができる強力なお菓子ですね。

京都だと徒歩圏内にある「二条駿河屋」のも旨いですが、こちら「亀屋友永」も松露を看板にしたお店ですね。京都駅やデパートにも出店しており、東京などの諸国銘菓のコーナーで見かけることもあるので、比較的入手しやすいのではないかと思います。

季節のやき栗松露は、栗粒を散らした白あんが核になっておりますよ。姿も剥き栗をもしており秋っぽい装いですな。

あんこ+糖なので、口に入れるとガッと甘いんです。でも、そのインパクトがすっと消えていく後口はさすがの京菓子。この糖衣がね、きめ細かく滑らかなのよ。んで、中の餡子との甘みのバランスが、ちょっとでも狂うと重苦しくなってしまうギリで見切られてるのよ。

こういう半生菓子は比較的日持ちしますので、お土産向きです。

定番商品の他、現地でしか扱っていないようなとりどりの詰め合わせ箱も魅力的でさ。ああ、誰か、買って来てくんないかなぁ。

コメント一覧

  1. 亀屋良長と亀屋友永混ざってますよ。

  2. >うんぱるんぱさん
    ホントや。
    紛らわしいったらありゃしないよ!

タイトルとURLをコピーしました