京都駅の「松屋製菓」でおはぎ

スポンサーリンク

烏丸七条にあるお菓子屋さん。

ネットで、すんげーおはぎが目に入ってきてさ!

ヨドバシを越えて、東本願寺の手前側。

目立たない構えではありますが、こんなところにお菓子屋さんがあったんだね。

中も物静かな風情です。

声を掛けると奥から旦那さんが出てきて、その場で名代のおはぎを仕上げてくれるのです。おはぎの他は若干の打ち菓子を扱うくらいみたい。

このおはぎさ、まぶにデケェから!

これは写真をアップで撮ってるわけでなくて、まさに通常の3倍はあるんじゃなかろうかというビッグボリュームに、まずビックリするのですよ。

そして、すんげー甘ぇ! すんげーあんこたっぷり!!

柔らかウェットなもち米を覆う、あんこのお味やバランス感覚という部分で、明らかに京都の則を逸脱した、荒法師、荒おはぎなのよ!

いやぁ、こんなのもあるんだね。

さすがの恰幅さんも1個食べるのが精一杯。しかも分割しながらなんとか納めたような次第で、そ~ヘビーでありましたわ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました