京都市役所前の「亀屋良永」で山月

スポンサーリンク

寺町商店街の入り口にある和菓子店。

天保3年創業の老舗です。

「亀屋良永」といえば麩焼の御池煎餅です。

私も大好きなお菓子なのよ。上品な甘さとシュワッと溶ける軽い食感。日持ちもしますしお羊羹みたいに重くはないので、京都土産というと、あの缶をいくつも担いで帰ったものです。

駅やデパートでも購入可能だから、わざわざ、こちらお店まで足を運ぶ必要は・・・あるのですよ!

やはり、お土産コーナーに列ぶのは御池煎餅と枯れ菓子が数品のみの決まりきった絵面なのよ。でも、本店の店頭にはもっと美味しそうなお菓子が色々置いてあるから!!

私も久々でしたが、あらためて、こちらが京都旅行の必巡スポットであることを確認しましたわ。

いかんせん、旅の最後で、もうお菓子を買い増す余裕が無く、今回はすぐ食べなくても良い棹物を一本のみで我慢しなければなりません。ああ、苦しい。胸が苦しい!

いわゆる羊羹でありますが、近年は黒一色なんてことはなくて、しっかりと情景を表現したお菓子になっています。これは撮影が下手くそなだけ!!

お味は無論美味しいです。しっかり甘くて、ドッシリ食べごたえがあるのに、後切れはスッとしてるとこ。京都近郊に住む菓子好きはホント幸せな環境で暮らしてるよな! みんな糖尿になっちゃえばいいんだよ。 

次回はもうちょっと色々買ってこようと思ってます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました