京都・西陣の「かま八老舗」で京北山、黒豆入りカステラ

スポンサーリンク

五辻通りにあるお菓子屋さん。

こちらも文化三年創業という老舗です。

今回、初めて入りますよ。

そういえば、以前「鳥岩楼」かなんかに寄った際に通りがかってさ。気になりつつも、とっつけなかったんだよね。なんだか通りから店内が伺いづらいし、今ほど商品案内もぶら下げてなかったからな。

その後、意外に長い歴史のあるお菓子屋さんだったことを知りました。

おそるおそる声をかけると、奥からお父さんが出てきて対応してくれました。

どーんと構えておりますが、商いの規模はそれほど大きくなさそうで、むしろ家族操業の町場のお菓子屋さんて雰囲気も漂います。

店頭に並ぶお菓子も数えるほどでした。

看板商品は、西陣のどらやきとして知られる、月心。

薄い焼き皮を二つ折にしてあんこを挟んだもの。

半月型というだけでなく、さらに一捻りして、生地に生姜をきかせているのが特徴。なるほど、それっぽくはあるのですが、これについては好き好きでもあるなと感じます。

京北山は栗まんじゅう。

つぶあんに栗粒が散らされたもので、あんまり栗っぽさは感じませんが、小倉っぽい餡や皮は香ばしく、月餅を思わせるズシンとした重量感が印象に残ります。

和菓子については200年磨かれた伝統のものというより、近代に手探りされたような風合いかも。

一番気に入ったのが、特に期待してなかったカステラなのよ。

少ない商品の中に、何種類かならんでおり、むしろカステラ推しのお店なのかなと思ったほど。

今回は黒豆入りのを買いましたが、蜜に浸したようなしっとりもっちり感が魅力。黒豆の風味もいい感じに馴染んで、これはなかなかおいしかったです。

他のカステラも買ってみたいな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました