京都・東山の「祇園饅頭 工場」でまめ餅

スポンサーリンク

白川のほとりにあるお菓子屋さん。

歩行者武松さん、オススメありがとね!

祇園の花街を流れる白川をずっと遡っていくとと琵琶湖疏水の水路に至るんだけど、この川沿いはなかなか気持ちのいい散歩道なんだよね。

その途上にあるのが、こちらの工場。南座の入り口にある「祇園饅頭」のお菓子を作っているんだってさ。

「祇園饅頭」って、あまりに観光コテコテな立地だし、気取らない餅菓子なんかを商っているため、祇園の商店街の中では軽く見られて素通りされがちなんだけど、実は文政年間創業の侮れぬお菓子屋さんなんだよね。

工場というと、機械的近代的なイメージですが、こちらは町家の小さなスペースに、昔ながらの手作り作業場の風景が垣間見えて、なかなか味わい深いのよ。

奥さんたちの対応も気持ちよく、観光客でも、1個からでも、にこやかに対応してくれるのが良いな。

豆餅と六方焼とニッキの志んこ。

花街のお菓子らしく、大福系はだいぶ可愛らしい寸法に仕上がっています。豆は出しゃばらず、薄皮につぶあんがたっぷり。餅には適度な腰がある一方で、餡の甘味は控えめだから、両者拮抗する良きバランスでいただけます。これまたおいしい豆餅ですわ。

他にも、丹波栗の栗餅があってさ、ああ、そっちも買っとけばよかったなぁ。デブならば丸呑みできるサイズなので、2個、3個はいけちゃいそうよ。

六方焼は大好きなのよ。きんつばのような小麦皮ではなく、これ自体に甘香ばしさがあるから、芯となるたっぷりの甘いコシあんこへ満足が足し算されるのです。

お店の看板は、むっちり柔らかい志んこ。プレーン、抹茶、ニッキの3色展開で、ホントは全部食いたいとこだけど、今回は一人だから我慢だな。

こういうシンプルで地味なお菓子がちゃんとおいしいところが、やはり京都の老舗。ここのは特にニッキの爽やかな香りがいいなぁ。

良きお菓子屋さん。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました