京都・烏丸の「大極殿本舗」でレースかん

スポンサーリンク

「横浜高島屋」の諸国銘菓コーナーに初夏の名物が入荷していました~

地元で夏の和菓子といえば、せいぜい水ようかんだし、うちら庶民は汗をダラダラ垂らしながら、チューペットでもかじる他無いのであります。

しかし、さすがの京都よね。

この時期でも涼やかなお菓子がたくさん売られていて、悔しいのです。

「大極殿」のレースかんは、レモン味の琥珀羹。よく冷やして、ブリブリ食べると最高ですな!

袋を切り開くと、棹はじっとりと蜜を纏っております。透き通った黄蘗色がなんとも綺麗ですし、輪切りレモンの模様がレースみたいやわぁって見立てでしょう。

もちろんのこと、甘い。でも、爽やかなレモンの風味もあって、後切れが上品なんだよな。

製法の関係で、レモンを境に上下が分かれやすくはなります。ただ、レモンをごくごく薄くスライスして、黒文字でもすっと切れる点、見た目だけでなく美しく食べられるよう配慮がなされているのだな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました