京都・上七軒の「老松」で橙糖珠

スポンサーリンク

東京では「新宿伊勢丹」に出店している他、各デパートの銘菓コーナーに商品が入荷していることも珍しくなく、これは「日本橋高島屋」で売っていたものです。

看板には”有職菓子御調進所” を掲げ、店の敷居は京大医学部の偏差値並みに高そうに思えますが、実際は観光対応にも熱心なお店よね。

ほどほどに近代化もなされており、今風というにはだいぶ熟れた美学でありますが、一風変わったテーマのお菓子を提案してくれるのも特色です。

日本古来の野山の実りを用いる‎山人艸果のシリーズが好きよ。

橙糖珠は蜜漬けした金柑にすり蜜を履かせたもの。深みのある琥珀色、飴色が、いかにも寂びっぽくてカッコいいのです。

こんな風に素材をまるまる活かす仕上がりは、京菓子では珍しいよね。

なお、小箱を買うと胡桃律と半々になります。こちらはよりシンプルなお菓子ですが、チェイサー的な感覚で、見た目的にもお味的にもいい取り合わせだと思いますよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました