京都・烏丸御池の「ミディ・アプレミディ」でリンツァートルテ

東洞院通りにあるタルト屋さん。

日本一の甘味の都でもある京都。
カフェで出されるちょっとしたお菓子のレベルも高いんだけど、
こと洋菓子に関してはめぼしいお店も少ない印象。

まぁ、東京の偏差値は世界レベルだもんな。

そんなわけで、情報収集もおなざりだったのだけど、
近年、何かと話題になっているこのお店は一度覗いてみたかったのよ。

お菓子研究家が主催するお店で、
2Fはお教室になっているみたい。

店内は洒落た作りで、ややそっけない姉さんが一人で店番してたよ。

現在はイートインも中止しており、
休日の午後だったのに、お客もぼつぼつといった入りで意外だったわ。
もうブームは去っていたのか?

値段はやや高めの設定だけど、
ケースの中にはフルーツ頼りのナンパ菓子でなく、
しっかり焼きこんだ系のタルトや焼き菓子が列んでいたよ。

とりあえず、味見をしてからと思ったのだが、
どれも美味しそうなので、一つ選ぶのに迷う迷う!

ホテルに帰る頃にはすっかり潰れていた~!
本当ははもっとピッシリしてるので、ごめんな。

木苺ジャムとスパイスのリンツァートルテだったかな?

タルト台と一体化したようなタイプなんだよね。
香ばしく焼けており、サク感と甘味のネッチリとした歯触りが心地良いのよ。

しっかりとした深い味わいがあり、真面目な作り。
思ってたよりもずっとおいしいじゃんか!

ドライフルーツを焼きこんだケーキの方もリッチな風味でまずまず。

気に入ったので帰りにも寄って、
もっといろいろお土産にするつもりだったんだけど、
結局、次回持越しになってしまったよ。

フロールも食べたかった!

レクタン大