京都・西陣の「塩芳軒」で聚楽、亀甲箱

スポンサーリンク

西陣にあるお菓子屋さん。

本店に寄るのは初めてなんだけど、
たまたま近くを通ったので、途中下車してみたよ。

ズバーンと立派な店構え!
いかにも老舗っていうような威風が漂うよね。
これでもまだ新参だっつーんだから、京都様の歴史はパネェっすよ!

店内も静寂に包まれ、ぴーんとした緊張感すら感じる。

こんな店に小汚いパーカー姿のデブが入っていっていいのだろうか?
いいんだよ!どの国でもデブこそが甘味の聖なる守護者なんだから!

たまたま他にお客さんもいなかったようで、
声をかけたら、奥から白衣の小僧さんが出てきてくれた。

ここは干菓子のお店というイメージがあったのだけど、
せっかく本店まで来たので、生菓子も買ってみたよ。

菜の花きんとんは、私が食べたものの中でも1.2を争うほど淡い甘み。
すっきりとしていて、豆や芋の風味もするのだが、いまいち物足りない。

聚楽は本店でしか買えない看板焼き菓子。
しっとりした皮とあんこがいい感じに親和していて、
香ばしい風味が楽しめるのだが、やはり甘味は淡いね。

上品さはよーく分かるのだが、
メタボの目指す方向とはちょっと違うみたいだ。

亀甲箱も定番土産の一つ。

個人的には千代たんすの方が面白いのだが、
こちらの方が万人受けする取り合わせかと思う。

こちらはほとんどお砂糖なので、甘さが足りないということはなく、
柔らかな風味と、はらりと軽い口溶けを楽しむことができるよ。

劣化しにくいので、お土産向き。
ただ、有平糖はすぐ溶けるので、別封を切ったらすぐ食べてね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました