京都・伏見桃山の「富英堂」で酒まんじゅう

伏見の酒蔵街にあるお菓子屋さん。

この辺は初めて来たので土地勘がないんだよね。
散歩中、立派な店がまえに惹かれて覗いてみたの。

酒どころらしく、酒まんじゅうが名物のお店みたいだよ。

京都駅の南側って、どちらかというと庶民的なエリアだよね。

ここも御菓子司というよりは、お饅頭屋さんという表現がしっくりくるような、
やや土臭い感じの品揃えかな。

向かいにある黄桜資料館の中庭で、
アツアツに蒸したものが売っていたので、そっちで買ってみたぜ。

ちなみにお店本来の焼印はかっぱ女ではなく酒の文字な。

ほんのりお酒の香りがして、
かなり甘みの強いあんこが入ってるわ。

京菓子というよりは、むしろ江戸下町的なバランスだけど、
これはこれでキライじゃないかな。

他にめぼしい食名物もなさそうなので、
とりあえずパクついておこうか。

レクタン大