京都・千本五辻の「五辻の昆布」で春の里、白雪

スポンサーリンク

千本通にある昆布屋さん。

京都で昆布といえば、こちらってくらいのお店らしく、
一度、覗いてみたかったお店なんだ。

交差点にそびえ立つ・・・こんぶ??
なかなか面白いビルだよね。

近代的なお店の中には、
だし昆布、おぼろ昆布から、佃煮から、塩昆布、酢昆布・・・
ハートや星形に抜かれたようなコブもあったりで、
とにかく昆布のオンパレードなのよ。

大きな木箱に細かくカットされたような昆布が量り売りされてて、
こりゃ何に使うのかと思ったら、自分ちで佃煮やらを作る用なのか!
恐るべしだな、京都の家庭よ!

この日は北野天満宮のお祭りの日だったので、
店内もほぼ満員の盛況ぶり。

そんな忙しい中でも、
お店のアニキやお姉さんの対応はとても丁寧で、感じ良かったな。

初手なので定番をよろしく!って、
お姉さんに選んでもらったんだよ。

春の里は地物の山椒と炊いたん。
山椒のおかげで後口がべったりせず、美味しい佃煮ですね。

白雪は汐吹昆布ですね。
汐吹きまくりじゃん?!

しょっぱさの中に甘みを感じる仕上がりで、
一枚でも十二分にパンチのある食べクチです。

酢昆布は不揃いのアウトレット品。
こういうの見るとたまらなく欲しくなる貧乏病?

やはり粉ふきまくりでリッチなお味。

この日は混んでたので遠慮したけど、
お茶の接待とかもしてくれるみたい、
卓には試食がいろいろ並んでるので、おいしい一服もできるかもよ。

デパート等の出店は無いのかな?
もっと色んな種類を買っておくべきだったわ!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました