京都・北大路の「新町 三宅」できゅうり生姜

新町通にある漬物屋さん。

こちらも京都おみやげ大全で知ったお店だよ。

皆さんもせっかく京都に来たんだから、
漬けもんでも買って帰りたいなぁって思うよね。

しかし、喜ぶべきか、悲しむべきか
たいていのビッグネームは地元のデパートで売ってんだよな!

一方、こちらは”京都で一番小さな漬物屋”をうたうお店。
今回はいわば逆張りしてみたわけなんだね。

実際、一番小さいかは別として、
業界への反骨や自負を感じさせるコピーじゃんか。

来る時、道を一本間違えて、堀川通を延々と上がってしまったんだが、
お店は観光とは無縁の新町通にあり、町並みに溶け込んだ気さくな構え。

中も狭いんだけど、一面に漬物が並んでいて、
ちょっとヒネったものも含め、ラインナップは豊富なんだね。

選びきれず、お店の人におすすめを聞きながら買ってみたよ。
ヲバちゃんが感じよく対応してくれたわ。

一番のおすすめは特製と書かれたきゅうり生姜。

きゅうりの中心に、細切りしょうがが仕込まれていて、
鉄板のコンビネーションを見せている。

定番のすぐきや、季節の菜の花、ふきのとう。
関東では見かけないひの菜ってのも色よく使っていて良い感じ。

どれも普通においしくいただけたわ。

ただ、他とくらべてどうこうという部分になると、
正直、東夷にはよく分からんとこでもある。

京漬物は要冷蔵ものがほとんどなので、
あまり取り回しの良いお土産ではないのかもしれないな。

やっぱ、旅の最後に錦市場や駅ビルで買っちゃうかも。

しかし、漬物・・・重ぉっ!

カスタムフィールド
オススメ: ★★
レクタン大
レクタン大