スポンサーリンク

京都・西大路の「かどや」でぶたじる、鯖煮

九条通りにある大衆食堂。

ついにやって来てしまったよ・・・

京都の地元大衆グルメを探している時、
深夜の網膜に突き刺さってきたのが、この外観よ!

以来、旅行計画の度に候補にはあがるのですが、
はるばる京都に豚汁食いに行くのかよと思うと、なかなか決心がつかなかくてさ。

でも、ついにやって来ましたよ、かどやへ!

京都駅の南側は工場とかも多いんだよね。
そんな労働者のため、早朝から営業している店なんだって。

そう、瓢亭やイノダに続く、
京都の隠れた朝食スポットなんだよ!って違うかっ!!

おそるおそる暖簾をくぐる余所者。

何やら賑やかな声が漏れてくると思ったら、そうですか、早朝から酒盛りでしたか。
オヤジたち、すでに酔っ払ってぶぶ漬けになってるじゃねーか!

コンクリ床の上ににペラペラなイスとテーブル。
お店はまさに昭和な大衆風景です。

常連さんたちもイイ人そうだったのですが、やはり観光客は珍しいのでしょうかね。
一挙一動作に注視が集まり、ハっと談笑も止まるようなアウェー環境です。

もう、テレビだけが心の支え!

定食は昼からなのかな?うどんやら丼やらの麺飯の他、
入口脇のケースに入ったおかずを組み合わせることも可能です。
肝っ玉母さんに渡すと温めなおしてくれますよ。

おかずには定番の下町料理が並び、東西差はあんまり感じませんね。
晒し鯨とか、炊合せなんかが、京都っぽいのかな?

値段は書いてないし、2品も選べば結構な値段になってしまう様子。

ただ、この場合、一膳飯屋というか、
酒のつまみとして手頃値という視線なんでしょうね。

さぁ!何はなくとも豚汁ですよ!

とんじるじゃなく、ぶたじるってとこが、
上品な薄衣の下で蠢く京都民の実体を示しているようですな。

具はシンプルに肉と豆腐と玉葱だけなんだけど、
豚バラがバカバカに入っていて、豚汁と言うよりむしろ豚煮の様相。

白味噌ベースの汁も塩分強めで、
脂分もどこのラーメン?ってくらい表面に層をなしてます。

もう間違いなく、大メシを食わすべく生まれたパワー汁なのですよ!

甘辛味を極めたような鯖煮もコッテリ旨いです。

ご飯はビビリの少々サイズ。
少々なのに・・・いや、それ以前にこんな茶碗飯で迎え撃てるようなおかずじゃねーから!

卵焼きも自家製なのでしょう。
ほわっと焼けたほどよいお味で、レタスさんも含め唯一の箸休め。
こいつの存在で、どんなに助かったことか!

皆さんはガッツリ丼飯で攻めて欲しいです。

コテコテな人生劇場も含め、思い出に残る朝食でした。

東寺の観光に絡めれば、なんとかアクセスできるかな?

コメント一覧

  1. そうか、京都も「ぶたじる」なんだ・・・!

    「ぶたじる」って、九州圏では一般的な言い方です。
    実家の母が福岡だったので、ワタシは「ぶたじる」で育ってからなんとなく「とんじる」に移行しました。
    特に深く考えず、最近までごっちゃに使っていたけど、ひょんなはずみで気付いてびっくり。思いがけぬ地方差ってあるもんです。

  2. >アリーマさん
    西方の言葉なんでしょうかね。
    なんかパワフルでどんぶり飯が似合う響きです。

タイトルとURLをコピーしました