京都・烏丸御池の「伊右衛門サロン」でIYEMONの朝ごはん

烏丸三条をちょっと入ったことにあるカフェ。

名前の通り、サントリーがプロデュースしているお店よ。

伊右衛門ブランドを利用した観光店にとどまらず、
「吉兆」や「ミディ・アプレミディ」とのコラボメニューやらで手堅く人気なんだそうだ。

ちょうどホテル街に立地していることもあり、
朝食どころとしても話題になっているとのこと。

店内はいまどきのセンスに彩られ、
開放感があって、ゆったり気持ちのいい空間。

観光客なのかな、早朝からかなりの賑わいでたまげたよ。

人手はだいぶ足りてないようだったけど、
やはり、いまどきのカフェ店員が丁寧に対応してくれた。

多少待たされても、不快感のない環境なのが救いだな。

イチオシの和定食はこんな感じ。

ちょっとしたお豆腐や
釜戸炊きというご飯はとてもおいしいのだけど、
メインの魚はまるで前の日の残りをチンしたようなグッダグダ!
味噌汁や小鉢もチープでがっかり。吉兆よ!!!

つーか、カフェ会社のバイト君達が
あっぷああっぷしながら作ってるんだもんな。

卵サンドのセット。

どこぞの銘柄豚が入っていて、普通のタマゴサンドよりもコクのある味が楽しめる。
でも、いかんせん、グズグズな仕上がりだよね。

ポテサラなんかも業務品で安っぺぇし。
もっとも、値段も高くはないんだけどさ。

そうそう、「福寿園」が担当しているお茶。
抹茶玄米だったかな?色味重視で何のことはないもんがでてきたわ。

それも席についたときにちょろっと持ってきてくれた以降は継ぎ足しもなく、
伊右衛門サロンなのに、お茶目的で寄りたいなぁとは思わなかったよ。

正直、食い物も期待できないので、
強いていえば限定タルトやミニフロール目当てかな?

コンセプトや設計、環境は申し分ないんだけどね。
哀しいかな運営がおっついておらず、中身は巷のカフェチェーンとあんまり変わらんかも。

レクタン大