京都・御薗橋の「中華のサカイ」で焼豚冷麺

ヤオイちゃんでおなじみの御薗橋801商店街にある中華屋さん。

「サカイといえば冷麺、冷麺といえばサカイ」とまでいっちゃうような冷麺を食べに寄ったのよ。

本店は大徳寺の近く。

こちらもガイドブックの常連だったのだけど、
はるばる京都までやって来て、冷やし中華かよって思うじゃん?
ほのかに気になりつつも、ずっとスルーしてたんだよ。

今回のようなグダグダで寄らなければいつ寄るんだ!ということで、
ついに機会が訪れたのさ。

基本的には下町中華の内容です。
ただ、厨房にはコックさんも多く、お店もしっかりとした作り。

この辺は北の外れだし、それほど人通りのあるエリアでもないんだけど
お昼時は地元の方々で賑わっているようでしたね。

聞いていたら麺飯よりも定食系のメニューが人気みたい。
どれも気さくな値段でいただけるのがいいですわ。

ホールのヲバちゃんがマイクを通してオーダーを通すのが面白いの。
「やきめしイーガー、餃子リャンガー」って!

どっかできいたことあるな!

盛りはだいぶ軽めかな。

具は焼豚ときゅうりにのりとシンプル。

秘伝のタレはごまダレって話だけど、よくあるモッタリタイプでなく、
スープをベースにサラリとしていて、白味噌のようなまろやかな口当たりよ。

でも、まぁ酸っぱい冷やし中華のお味です。

面白いのはむしろ麺の方かな。
たっぷり水分を含んで表面がつややかな感じの太麺。
中華麺というよりどこぞの細うどんのようなモッチリなの。

これがまたキュンキュンに締められるもんだから、凍えた身体に響きますな。

ちなみに名物の冷麺は通年注文できるようですが、他には頼んでいる人はいません。
そうね、これは夏に食べると最高だよね。そう、分かってる。

それなりにおいしいし、珍しい部分もあるけど、
旅行者が足を運ぶというより、地元の皆さんに愛された中華屋さんなんだと思う。

となりのニーチャンが食ってた餃子定食がメチャ旨そうだったなぁ。

カスタムフィールド
オススメ: ★
レクタン大
レクタン大