京都駅の「はしたて」でおすすめメニュー、鯖セット

スバコに入った和食屋さん。

「和久傳」のカジュアル版だよね。

この立地、この価格帯で、京都っぽい和食をいただきたい需要。
これは半端ないレベルで存在するわけなんですよ!

懐石とか割烹コースとか、重たいの!
八寸と汁と飯くらいで、胃に気合いを入れず、おいしいもんが食べたいわけ。

そんな、ありそで、なさそなラインを上手いこと突いて、
未だに行列が続いているお店であります。

お食事は丼や麺を中心にした定食スタイル。

夜も比較的遅いし、使い勝手はすこぶる良いんだよね。

季節のオススメはうな丼とそうめんのセットです。

いや、出てくるまでは、けっこう期待していたんですよ。
こりゃ定番として使えるお店が出来ちゃったなと!

実際はどうなんでしょうか?解説の釜本さん?
サービスも若いし、和風ファミレスに毛が生えた程度なのかと・・・

そうめんもそうめんとしか言いようのないシンプルなものだし、
この不気味に分厚いうなぎはイオンモールで買ってきたのでしょうか?

鯖寿司のセット。
こういうワンプレートなんですよ!
コンセプトはバッチリなんだよ!

しかし、切り口に飯粒つけて出てくるようなレベルです。
酢の浅い鯖はクサミが抜けず、挟まれた生姜さんの力がなければキツイっす。

盛り合わせの夏野菜にもあまり手が入ってませんし・・・

隣席は、我々以上に気張ってやってきた女子高生グループなんですが、
しだいに口数も少なくなり、もはや私が代わりに謝りたい気分だよ!

れんこん餅とか、いつものデザートはおいしいです。

あと、おいしかったのは、ほうじ茶な。

ミニコースもあるのですが、
ちゃっと湯がいたような鍋ものがメインで、これもあまりピンときませんね。

黙って、かさね瓢楽を売りまくればいいのに!
わざわざ数量限定にして飢餓感を演出したり、やな感じ。

もともとカジュアルなもんを、さらにカジュアルにしたら、
何も残らんなって事なのかもね。

レクタン大