京都・祇園の「いづ重」で上箱寿司、はもちらし

八坂神社の向かいにあるお寿司屋さん。

「いづう」からの暖簾分けなんだよね。

でも、本家があんな調子なので、
必然的にこちらへ足が向いてしまうわけです。

つっても、いつも持ち帰りだったので、
中でいただくのはこれが初めてなんだけどね。

店内はかなり使い込まれた町家の風情で、
かるくタイムスリップ感あり。

飲食のスペースはやや窮屈ではあるのですが、
さりげなくあしらわれた茶花などに、それらしさを感じます。

お店の姉さんも優しい対応だよ。

こうやって、大皿に盛りつけてくれるのが、
イートインならではの楽しみだよね。

鯖寿司などともう一品組み合わせる欲張りセットもあり、
今回は焼き鮎を丸ごと使った鮎寿司との組み合わせに
追加で関西らしい箱寿司も頼んでみたわ。

お味はどれもおいしいですよ。

肉厚の鯖は素材のフレッシュ感というよりも、
いかに上手く手が入っているかを楽しむ感じ。

たで酢をつけていただく鮎ずしは、
ほっこり、香ばしい夏の味ですね。

あなごや玉子焼きがおいしい上箱寿司は、
ボリューム的にもけっこう食べごたえありますよ。

130824 017

季節といえば、鱧もそうでしたね。

ただ、鱧の棒寿司は諭吉様の顔すら見える高級品なので、
庶民はちらしで我慢するしかありません。

それでも十分な量が乗ってるじゃん!
鱧はふっくら柔らかく炊いてあって、骨は全く感じません。
お味も豊かでおいしいですね。

甘い錦糸玉子の下には
はも皮を散らした上品なご飯が。

品によりピンきりではありますが、一人前がバカ高いわけでもなく、
界隈では、比較的、気さくにお食事が出来る良店だと思いますよ。

レクタン大