仙台の「半田屋」でさんま煮、菜の花炒め

仙台創業の大衆食堂チェーン。
ここは仙台本町店ね。

仙台にすごい定食屋がある・・・

そんな噂を聞いて、早10余年。

やっと入ることができたよ!憧れの半田屋に!!!

まぁ、何がすごいかって言われれば飯の盛りで、
わざわざ遠くに来て、白飯を食ってもなって、
敬遠してただけなんだけどね。

店舗によって、幾つかスタイルがあるらしいのだが、
ここは冷めたおかずを自由に取っていって、最後に汁や飯をよそってもらう流れ。
店内に電子レンジもあり、お料理を温められる仕組みよ。

おかず類はまぁ、普通のラインナップだけど、
音はだいぶ安く設定されていて、お盆一杯に選んだとしても、
決して大台は越えないのが良いよね。

さんま煮、メンチカツ、菜の花炒め、
生卵に豚汁、ご飯(ミニ)

そう、ここではご飯の普通サイズがミニなのだよ。

ネタ的にはマンガ盛りになる(中)を頼みたかったが、ちょっと無理!
だってオジサン、ちかごろ胃が弱くなってるから!

山形のはえぬきを使っているというご飯は
確かに安くはないなんだけど、やや柔く、またダマにもなっているのでそこそこかな。

おかずはそれぞれお味をどうこういう感じでもないのだが、
仙台味噌を使った豚汁はあっさりと素材の味が楽しめておいしかったな。

でも、街中にこういうお店がポコポコあるってのはいいことだよね。

レクタン大