長野・駒ヶ根の「きらく」で上ソースかつ丼

駒ヶ根インターの近くにあるとんかつ屋さん。

名物であるソースカツ丼の元祖を名乗るお店なんだってさ。

ソースカツ丼は駒ヶ根名物として売り出していることもあり、
周辺にも食べられるお店も多くて、迷っちゃうところ。

でも、中華屋とか蕎麦屋とか、
どちらかと言うと、サブ的な提供が多いので、
カツ丼を中心にやっているこちらに落ち着いたんだ。

お店は田舎風景の街道脇にぽつんとある感じ。

すでにお昼のメインタイムは外れていたんだけど、
地元民も含め、そこそこの客入りだったわ。

駅前から移転したというお店はまだ新しいみたい。
さっぱりとした感じっす。ヲバちゃんの対応も問題なしだったよ。

メニューは絞られていて、
丼類をメインに、揚げ物定食が幾つか。
値段はまぁ相場くらいかな。

注文後比較的早く出てきたので、
カツは予め火を入れてあるのかもしれないわ。

ソースカツ丼、迫力あり!
ちゃんと蓋が閉まらないハミ出な演出も忘れていませんよ!

こちらのソースカツ丼の基本はロースみたい。
並と上では肉のサイズが違うんだけど・・・

まぁ、大きな方を頼むよな!!

上カツの肉は260g。
ご覧のとおり分厚いのだけど、
スジの部分以外は比較的柔らかく食べられるよ。

ソースは醤油の混じった甘辛でご飯に合う。
醤油かソースかというと、だいぶソース寄りのバランスかな。

ちょろりと敷かれたキャベツの風味がイマイチ。

ただ、CPは良いと思うな。

玉子とじカツ丼はつゆだく気味でしっかり煮込んだタイプ。

ソースカツ丼の店だっつ-のにね!!
煮込みかつ頼むなよな!

でも、結構イケる。

こちらは並相当のサイズなんだろうけど、カツはかなりの肉厚だし、
これがうちの地元にあれば、それなりの評判を得るんじゃないかなという一杯だったわ。

意外と頼んでる人が多かったラーメン
ミニ丼とのセットもあるよ。

ちゃんと自分ちで作ってるんじゃないかな。

シンプルで昔ながらの醤油味で、
決して馬鹿にできない仕上がりじゃん。

揚げ物が重い人にはちょうどいいのかもね。

レクタン大

コメント

  1. つちころり より:

    甲斐路から信濃路へと足を延ばされた感じでしょうか?
    ほんまさんのレビューを拝見すると、ソースかつ丼は、
    信州から上毛、会津の一帯で食べられている感じですね。

  2. 管理人 より:

    >つちころりさん
    ソースって洋風で都会的なイメージがありますけど、
    意外と内陸部の田舎に根付いてますよね。食的にも保守っぽいのに。
    どういう歴史や伝播なんだろ?