山梨・白州の「バー 白州」でニューポット

サントリー白州蒸留所にある有料試飲コーナー。

見学の最後に立ち寄ったよ。

白州工場は深い森に囲まれたさわやかな環境。

夏は思ったより涼しくないのだけど、
なかなか気持ちの良い場所なんだね。

工場見学はウィスキーと天然水、その折衷の3コース用意されてた。
この他に週末なんかはもうちょっとディープな講習が受けられるプログラムもあるみたい。

その他、ショップやレストラン、
ウィスキーの博物館やらもあって、観光的にも充実してるわ。

サントリーの工場見学は山崎に続いて2回目だけど、
会社としてかなり力を入れているようで、対応等がすごくしっかりしてるんだよね。

今回の旅行でも色々な工場見学をしたのだけど、
やっぱ、ここは別格だなって印象よ。

ウィスキー見学コースには、白州のハイボールとかの試飲も含まれていて、
下戸な私なんかはそれだけで十分酔っ払ってしまうほど。

さらに試飲場の隣に雰囲気の良いバースペースもあって、
どこぞで飲むと目玉が飛び出るようなお酒も安価に有料試飲ができるんだ。

ぜひ飲んでみたかったのは左端のニューポットって奴!

樽で寝かせる前のウィスキーの原酒!
これはさすがに工場じゃないと飲めないよね!

ウィスキーの琥珀色は樽から滲み出てるらしいので、
この時点ではまだ透明なんだね。

アルコール度数も高く、お味も風味も荒々しくて、なかなかに強烈!

この先、熟成が進むにつれて、
これが丸く、深くなっていくのかぁ。

あと面白いのが、一種類の樽からとったシングルカクスのいろいろ。

通常は様々な樽のものをブレンドして、
シングルモルトや各ウィスキー商品が作られるとのこと。

ここでは混ぜる前の個性的な素材が楽しめるということだよね。
熟成樽の材質により、まったく異なる香りを楽しめるんだ。
これも蒸留所ならではなんじゃないかな。

お店にはサントリーの各蒸留所の他、世界のウィスキーも各種揃っていたり、
酒好きの人はここでいろいろ飲み比べるとすごく楽しいだろうな。

ドライバーにはソフトドリンクを無料で出してくれるし、
お姉さんの対応も非常に行き届いていて、良い感じだよ。

ぜひ寄ってみてほしいな!

レクタン大