長野・駒ヶ根の「丸富」で朝日屋、地鶏の陶板焼き

駒ヶ根高原にある一茶庵系のお蕎麦屋さん。

ここはネットの評判を見て選んだのだけど、
天高き”粋”の世界におわす蕎麦人様の間では、
かなり有名なお店なんだそうだ。

お店は目立たない田舎道にあるんだ。
気が付かないで、通り過ぎちゃったくらいだぜ。

見た目もこんな感じなので、
たぶん隠者っぽい店なんだろうなぁと思ってたんだけど、
ウッディな店中は、現代的にかっこ良い作りになっていて驚いたわ。

なんか聖歌みたいなのがかかっていて、センスは怪しいけどな!

すでにお昼のメインタイムは過ぎていたんだけど、まだまだ盛況。
我々もちょっと待って席についたよ。

各地からのお客さんがひっきりなしにやってくることもあり、
ヲバちゃんらの接客対応はあまり余裕が無い感じ。

メニューはかなり絞られているね。
ただ、蕎麦専科でなく、地ものの野菜を使った一品も幾つかあって面白い。

値段はけっこう立派だわ。

まずはきゅうりの辛子漬けがウマイ!

調味は辛いと言うよりは甘め。

元のきゅうりが良いのだろうかね?
食感もお味も実によろしいわ。

地鶏の陶板焼きもやはり野菜が旨いのよ。

ホックリ焼けたズッキーニとか!トロけるナスとか!

うちも自分ちで野菜を作っているけど、
同じものでも味の濃度が濃いような気がするな。

塩や柚子胡椒でシンプルにいただくのが非常に合っています。

こういう”野のもの”料理は種類も少ないんだけど、かなり楽しめると思うので、
とにかく蕎麦っ食いなあなたも、一通り頼んでみた方がいいと思うよ。

様子見して失敗したよ。

お蕎麦は田舎とニ八の2種類あるみたいで朝日屋ってのは後者。

前者は数量が少ないのか、昼過ぎの時点ですでに売り切れだったんだよね。

お蕎麦は上品ながら力強く、食感やのどごしもいい。
夏なので風味はやや弱めなんだろうけど、文句なくおいしいわ。

ツユはすっきりとした仕上がりで、だいぶ抑え目な印象かな。
でも、これが蕎麦そのものの風味や存在を邪魔しないバランスと言われると納得できる気がする。

あとでそば湯で割って飲んだら、
ベースはリッチなダシだったことがわかったよ。

こっちはおろしそば。

辛味大根乗せていただくぶっかけタイプなんだけど、
やはり、ツユはマイルドなので、いまいち締まらない感じでもあるな。

ここは少しずつ汁につけながら食べられるもり系の方が良いような気がするよ。

駒ヶ根というとまずソースカツ丼を思い浮かべてしまうデブだけど、
食事のクオリティという点では断然こっちを選んだ方がいいだろうな。

レクタン大