那覇・首里鳥堀町の「ななほし食堂」でゆしどうふ定食

首里駅の近くにある食堂。

「首里そば」が案の定の大行列だったので、こちらに流れてきました。

今ネットで見たら、同じく首里の「あやぐ食堂」の姉妹店だったのか!

たしか前に来たときは無かったので、比較的新しいお店だと思います。
中もさっぱりきれいで、思ったよりもキャパがありそうよ。

立地は駅から首里城へ向かうお客さんをキャッチするのに抜群。
ただ、雰囲気を見てると、観光というよりは地元のお客さんが多い様だね子。お昼時はほぼ満席に近い盛況ぶりでした。

メニューはいわゆる沖縄の大衆食堂といった構成。
特にお豆腐には力を入れているようで、自家工房で作ったものを店頭販売もしておりましたよ。

ということで、ふわふわな、ゆし豆腐定食です。

字面的にはすごくヘルシーに見えるこのセットへ、メインクラスの揚げ物が有無も言わさずねじ込まれる沖縄スタイルは健在!もう老後は移住したくなっちゃいますね!

こちらのゆし豆腐は、沖縄そばのスープか、味噌汁かを選択可能。
沖縄のちゃんとしているゆし豆腐って、ちょっと塩っぽくて、灰のような風味があるのが変わったところです。

盛りだくさんとはいってもデフォのご飯は比較的、あくまで沖縄比で少なめですし、なんとなく女子好きしそうな感じにまとまっているのが、他の大衆食堂との違いかな?

金時豆の沖縄風ミニぜんざいまでついてくるのだから、やはり観光的にも魅力があるお店だと思います。

こちらは私的沖縄食堂鉄板メニューであるところの”煮つけ”です。

三枚肉とソーキと昆布、根菜類。
やはり推しだけあって、自家製の厚揚げやお豆腐も煮付けてある所が良いですね。

いなむるち定食はいわゆる沖縄的豚汁の定食です。

具はおそらく塩漬けされた豚を細切りにしたもの、かまぼこ、こんにゃく、しいたけなどたっぷり。

お味は通常の味噌汁よりもこってりトロリとしています。
やはりお豆腐食堂のアイデンティティとして、揚げ出し豆腐が小鉢レベルを超えてついてくるのが嬉しいです。

安いし、ご飯はおいしいし、お店も清潔感があって、観光の我々も気持ちよく使えるお食事どころなのでオススメです。