那覇空港の「空港食堂」でやきそば

空港の1Fにある隠れ店。

楽園を旅立つ我々に残された、最後の沖縄食堂スポットなのである!

旧ターミナル時代からの長いお店らしいんだけど、
なぜか空港の飲食案内板には載っていないので注意な。
場所も1Fの隅の隅にあり、普通の旅行者の目にはとまらないとこなのよ。

もちろん、空港には他にも沖縄食やそばを頂ける飲食店が入ってるんだけど、
町場の食堂と変わらない物価で頂けるのはこのお店だけ。

あんまりおおっぴらにしたくないのは、
社食的な性格があるからかも知れないね?

しかも既製品を機械的に温めるんじゃなく、
きっちりと調理されたものが出てくるのだから侮れない。

ネーちゃんの対応はだいぶそっけないけどね!

メニューは沖縄そば類も含め、ひと通りの定番が列ぶ他、
ちょっとしたおつまみ類もあり、待ち時間を有効消化できるよ。

いただいたのは焼きそば。

沖縄の焼きそばは沖縄そばの麺を使って作るのが特徴なんだとか。
私も今回初めていただくんだよ!

これがイケる!
思っていた以上に旨いじゃん!

昔よく食べた蒸し麺の焼きそばをもっとパワフルにしたようなイメージ。
沖縄麺独特のボソ感も油で炒めることによって、心地よい歯ごたえのみが残り、
こりゃ汁そばで食べるよりずっと旨いかもしれん!

沖縄古風な味付けはケチャップ主体らしいんだけど、
これはソースをベースに調味してあったな。

味噌汁はインスタントだけど、
焼きそばは野菜もヘタってないし、上手く作ってあったと思う。
これなら空港じゃない場所でも十分通用しそうじゃん。

旅の最後に嬉しい掘り出し物と出会えたわ!

レクタン大