スポンサーリンク

那覇オーパの「ビストロムトウ」で究極…!!!塩パンで玉子サンド

旭橋駅前のオーパに入るお店。

今回の旅はほとんど食のリサーチもできなかったんだけど、出発前にこのたまごパンの記事が目に入っていたのよ。たまごだけに、たまたまね!

本店は松山の居酒屋さんで、そこで出している塩パンが名物になり、那覇飯グランプリの金賞をとったこともあるんだとか。

支店の名目はビストロとなっていますが、実際は簡易なイートインスペースを備えた、たまごサンドの専門店て感じかな。このようにテイクアウトも可能ですが、作り置きではないので、バスがギリギリの時は難しいかもね。

私も大好き、近年のたまごサンド界では、玉子をめっちゃ入れるとか、だし巻きを挟むとか、たまごフィリングをいろんな具材と合わせるとか、どちらかというと中身をブーストする潮流があるのですが、こちらは逆にパンを強める路線か!

分厚いパンは、塩パンということですが、高級食パン顔負けのミルキーな甘みがポイントです。ジュンわりとバターの染みてる箇所もあって、一片でもかなりの食べごたえがありますね。たしかに、これはイケるし、ンの強さはなるほどだわ。

このサンドは冷めた状態よりも、ほんのり温めて活性化させた方が良さげです。だから、沖縄相場としてはちょい高めだけど、作りたてをイートインできるこちらのお店でいただくのが良いと思いますよ。

沖縄発のたまごサンド、くるかもね!

ファミマでもコラボ商品を販売していました。

パンは本家ほど厚くはありませんが、スィートな香りとお味で、糖分由来のねっちりとした歯ざわりがありますね。こちらも軽く温めて食べたほうが良さそう。 やはり、一切れでも、なかなかの食べごたえがありますよ。

ファミマのほうが値段も安いし、コンセプトを味わうだけなら、十分楽しめる仕上がりなので、おすすめです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました