スポンサーリンク

那覇・国際通りの「どらえもん」で三枚肉そば

「守礼堂」の上階に入る宮古そばのお店。

県庁側から国際通りに入り、わしたを越えてすぐの場所。

ここらは沖縄最大の観光エリアだけあって、飲み屋さんを中心に、飲食店には事欠かない立地です。でも、沖縄そばの専門店は、意外と少ないんだよね。こちらは比較的遅い時間まで通し営業しているため、いろいろ便利に使えるお店。

ご覧の通り、若干の怪しさも漂う、コッテコテに使い込んだ店内に、オバアが二人。中も薄暗くて、いかにも昭和の食堂風です。この日は閉店間際でしたが、お客さんは程々に入っておりましたね。

ソーキそばは軟骨ソーキを使っています。

優しい口当たりの平細麺。スープは気さくでとっつきやすい味わいの脇腹をカツオダシの風味でぐっと支えたようなイメージです。

前回の旅行ではこちらの血縁がやっているという「こどら」で食べましたが、向こうの方が近代的で洗練されていた印象かな。本家はどちらかというと昭和寄りで、親しみやすいおそばだと感じます。

ところで宮古そばとは何なのか?

特に考えもしないで食べておりましたが、いろいろ検索してみたところ、こちらのお店のような平打細麺や波型の宮古かまぼこを使うお店が多いようです。ただ、現在は宮古島にも様々なスタイルのそばが混在していて、独特の分かりやすい何かがあるわけではないみたい。

中には麺の中に具を隠して提供するスタイルのお店もあるの。よく聞くよね、租税や贅沢禁止令をごまかすために飯の中に具を隠すような郷土食。あのパターンなんだろうかね?

こちらのお店でも、宮古そばという名前でメニューに載っていたのですが、素そばだと思って、スルーしていたわ。宮古そばは麺の中にかまぼこと三枚肉・・・あれ、この三枚肉そばと同じ内容で、こっちの方が値段高いんだけど・・・

ちなみに麺の中から具が出てくるのが、ドラえもんのポケットみたいってことで、店名につながるようなのです。

デブが大好き、てびちそばです。

横浜のラーメン業界の方。「徳記」も閉店しましたし、豚足ラーメンで新たな地平が開けませんでしょうか? 私は絶対食べに行くよ!

具に関しては、作り置き感が強く、冷め気味の硬め。てびちもトロトロというよか、ブリッとかじるような感じでした。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました