那覇・国際通りの「新垣ちんすこう本舗」で千寿糕、闘鶏餃

国際通りにあるお菓子屋さん。

沖縄で最も有名なお菓子であるちんすこうの
最も有名な製造所である「新垣菓子店」の販売所であります。

直営のお店だと思っていたんだけど、どうやら親戚が営む販売会社の店舗というのが正確みたい。

こちらのちんすこうは、ぶっちゃけ、わざわざ沖縄に行かなくても、そこら中で見かける気安さに、うんざりもしますね。

しかし、食べ比べてみると新興店や国際通りの土産物屋などが安値で販売するそれとは歴然のクオリティ差がありますよ。

大手だからといって、他の老舗に決して劣るわけでないおいしさを保っている点は、観光客として覚えておかねばなりません。

そんな事言いつつ、今回、ちんすこうは買いません!

その代わり、新商品の”きんそこう”を試してみました。
あぐーの脂を使った、ちんすこうの高級版?大人版と行った感じですか。

コイン型に比較的柔らか目に焼かれ、ポクっとした食感。
お味は甘さを控えた黒糖風味で、他に抹茶味もありますが、ビターな味わいです。

うーん、好みとしては、普通のちんすこうの方が勝ります。

千寿糕、闘鶏餃は国際通りのお店でしか買えないといいつつ、ネットでも買える伝統菓の復刻版。

どちらも中身は胡麻や落花生に黒糖を合わせたもので、皮のパイ生地を焼くか揚げるかの差なのかなと思います。ルックスがちょっと中国っぽとこがポイントかな。

ちいるんこうは、我々、横浜市民にも馴染みがあるような中華蒸しケーキですが、
沖縄のそれはあんまりふんわりしっとりしないのね。油分も感じず、甘みはほどほどのすっきり味でした。

2店しか味比べできませんでしたが、仕上がりは大きく変わらない印象でした。