那覇・奥武山町で「琉球酥本舗」で王朝秘伝豆腐よう

奥武山公園の脇にあるお菓子屋さん。

琉球酥というパイナップルケーキで有名なお店です。

工場に併設されたお店は観光客が来るような立地ではないので、やや入りづらくもありますね。

お隣のスタジアムが巨人のキャンプ地だったので、ついでに琉球酥、万香酥の他にもなんか売ってるのかなと覗いてみたのですが、特に目につく物も無くってさ。

奥から出てきてくれたオバちゃんと二人きり。
何も買わないで出てくるという選択肢が、非常に辛い環境でありました。

んで、帰りの空港にて、そういえば自家製の豆腐ようを勧められたっけなと思い出したの。

くまなく探して「わしたショップ」のみですが、扱いがあったので買ってきました。
「あさひ」等のお土産品の定番よりはだいぶお高めなんだけど、お味は抜群とわしたのお姉さんも言ってたしな。

実際、食べてみて、だいぶ風合いが違うなと感じますね。

お色からして、キャラメル状の茶色。

豆腐ようというと泡盛のキツさを感じるものもあり、
2時間以上、外気にさらしておくと良いなんて話も聞きましたが、
これは瓶から出してすぐでも食べやすく、まろやかな味わいなのよ。
なるほど、ここらへんが熟成故なんでしょうかね。

もろみも入ってるようで、お味は一般的なものよりもだいぶ甘みを感じます。

おそらく、食べる人を選ばず、好まれるお品なんじゃないかな。
お酒のツマミだけでなく、ご飯の友にもなりますし、これはなかなかいい感じでした。