沖縄「ソーエイドー」の35COFFEE

スポンサーリンク

那覇空港で買ったお土産です。

石焼き焙煎の石の代わりに風化サンゴを介して焼き上げたコーヒー。売上のうち3.5%がサンゴの再生に使われるということで、オサレかつ意識高めに完成された沖縄土産商品です。

主要なお土産店ではこのパッケージをよく見かけますね。国際通りやゆいレールの駅にもスタンドがあったり、ホテルや施設にも卸したりで、今や定番のブランドに育っているように感じます。

ただ、販売するコーヒーの種類は少なくて、基本のISLAND BLENDのホット用とアイス用に、このJ.F.K BLENDだけかな? 元々はウコンや月桃のお茶を製造販売している会社みたいですが、コーヒーロースターとして本腰を入れる方向の展開ではなさそうです。

とりあえず、豆の状態で買えるのはJFKのみ。コロンビア豆をベースに、ブラジル、インドネシアをブレンドしたものらしく、甘い香りが特徴で飲みやすく、コクのあるマイルドな味わいと書いてあります。

価格は手頃。若干ムラのある焼き上がりで、お味はたしかにマイルド。特に感じるところはありません。

実はコーヒーよか、「新垣菓子店」とコラボした35CHINSUKOの方が気になったのね。

近年、売り出している六角形の子亀サイズ。このラインで定番品以外の色んな味にチャレンジしているのが面白いのです。

コーヒー味は豆をしっかり感じるようなビターで大人なお味。キャラメルマキアート味はココナツミルクでほんわり甘い香り。

セットでお土産にするとちょうど良いんじゃないかなと思います。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました