那覇・首里城の「鎖之間」でさんぴん茶と琉球菓子のセット

首里城の中にある休憩コーナー。

もともと王子の控所だった場所で、お菓子やお部屋に関するお姉さんのガイドを聞きながら、お茶をいただくことが出来ます。

沖縄にはいろんな郷土菓子がありますが、
どちらかというと家庭内での楽しみなんでしょうかね?

ことお茶処に関しては、普通のカフェや喫茶になってしまって、那覇のような大都市でも我々観光客が喜ぶような沖縄色の濃いメニューを出すお店は多くないんだよね。

そういった意味では、代表的な宮廷焼き菓子の盛り合わせを安価にいただけるこちらは、大変貴重なスポットだと思います。

お茶も、伝統衣装を来た係のお姉さんが気を使ってくれて、お代わりをどんどん注いでくれるしね。

見てると、素通りしてしまうお客さんばかりなので、実にもったいないです。