大阪・梅田の「絹笠」でとん蝶

地下街ホワイティうめだに入っているお菓子屋さん。

なにやら”府民のふる里の味”があるということで寄ってみたんだ。

このお店は元々瓦せんべい屋から始まり、
生菓子屋さんにクラスチェンジしたそうな。

そんな訳で、お菓子のラインアップも幅広いんだけど、
名物はそのどちらでもなく、

三角形の甘くないおこわなんだそうですよ。

いやぁ、知らなかったな。

つか、見たことあるじゃん!

大阪ってさ、巨大都市なわりに、
これといったお土産名物が思い浮かばいな土地じゃん!
ネタものやゲスものばっかりじゃん!

端から吟味する気が起こらないんだよね。

実にシンプル。

お豆入りの糯米で塩昆布をサンドして、
カリカリ小梅をポコポコ埋めたもの。

これがね、地味に旨いんだよね。
お味というか塩具合というか、絶妙でね。

決して驚くようなもんではないんだけど、
ジワジワ染みてくるような、おいしさなのよ。

腹持ちもいいし、すっかり気にいって、
甲子園に持って行ったり、旅行中3回ぐらい食べたかな?

日持ちがしないので、持ち帰りには向かないんだけど、
新幹線用にそこらで弁当買うぐらいなら、是非こっちを食べてほしいわ。

ちなみに地下街のお店まで行かなくても、
大阪駅の「アントレマルシェ」とか阪神百貨店とかにも売ってますよ。

な!唐辛子入りとかのバリエーションもあるのか!!

レクタン大