近鉄百貨店の「551蓬莱」から豚饅・焼売セット

スポンサーリンク

近鉄百貨店の楽天ショップ。

最近、やたら目にすることが多かった551の話題。

駅や物産展などで、大行列を見かける度に「うそやん」とゲンナリするアンチな私でありましたが、気がつくと久しぶりに食べたい気持ちがすくすく育ってしまい、お取り寄せと相成りました。

夜中に食い物の話見るのは危険なんだよな!! R指定だよ!!

今は無駄に行列しなくても通販できるんだね。551自体もサイトを構えており、そちらの方が商品数も多いのですが、近鉄経由でも変わらん値段でポイントも使えるので楽ちんです。

商品はチルド便でやって来ました。饅頭やシュウマイはパックされずに紙箱へ入っており、この作りたて感が一つのポイントだね。

そういえば、551のあんまんてどうなのだろう? こっちのように肉まんとあんまんをニコイチで食う習慣は薄いのだろうか?

豚饅は横浜中華街標準と比べると小ぶりなコンビニサイズ。

皮がモッチリと食べごたえあるところ。素朴な手作り感が一番の魅力です。

餡は肉というよか、玉ねぎとコショーが織りなす気易いテイストなんだよな。濃い味の具でもって皮を食わす感じでなく、お饅頭としての一体感を感じる調味の塩梅。

饅頭一個につき、辛子が1パックつくのも関西らしさで、そのパンチ力でもって、キレ味を補うスタイルです。

庶民の味としての一つの到達点と言えるのかもしれません。ただ「華正樓」等のハレの饅頭に親しんだ我々には、どうしてもチープに感じる部分があり、同じ中華まんでもジャンル違いなのかもしれませんね。

もちろん、アリはアリ。旨いは旨い。ただ、こいつが関西の中華饅頭の筆頭として担がれてしまうのは、どうなんでしょうか? 神戸の皆さん的にも異論ありありなんじゃないかと思うのです。

シュウマイはぷっくり大きく、豊かなルックス。でも、豚饅以上につなぎっぽさを感じる仕上がりで、下町肉屋のお惣菜感。なんぞキレのあるタレに浸さなくては、飯のおかずにならなそう。

一部では、これがシュウマイの最高峰的な声もあがっておりましたが、いやいや、そんなこたー無ぇだろうということで、少なくとも横浜市民の合意は得られるのではないかと思います。もちろん「崎陽軒」の方が上という話ではありませんよ! あれは局地戦用の機体なので。

しばらくぶりにいただきましたが、やはり従来の感想をなぞる結果となりました。ただ、良心的なお値段で、相応にイケるのは間違いないので、このまま気取らぬおやつであってほしいなと思います。

コメント一覧

  1. 「局地戦用の機体」に笑いました。

  2. >匿名さん
    今の世には決して生まれないだろうと考えると、つまらん時代になったのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました