阪神梅田本店の「魚伊」で上うなたま丼

スポンサーリンク

あの小汚かった阪神百貨店が綺麗サッパリ建て直されて、見違えるような晴れ姿。

この時はまだ地下食品街は未完成だったのですが、ご当地の名店を揃える阪神大食堂は絶賛営業中でした。

以前の私なら、はるばる旅行にやってきて、デパートで飯食うのかよと不満をもったでしょうな。

でも、すっかりジジイになった結果、わざわざ本店に詣でる気力と体力なんて消え失せたよね! 

駅近で手っ取り早くやっつけて、早く風呂入って寝たいのですよ!!

こちらは高殿に本店のある慶応三年創業の炭焼うなぎ店。

レストラン街ではそれほど広いスペースを割り当てられていないため、席間隔等はやや詰まっておりますが、できたばっかなので、とっても綺麗な店内です。ヲバちゃんの対応も丁寧で危なげないわ。

お客さんは梅田ワーカー達の姿が目立つかな。夕時はほぼ満席で賑わっておりましたよ。

腹から開いて焼き上げる関西風のうなぎは、表面のパリッとした歯ざわりと香ばしさが魅力。うなぎ自体にも、こりゃ川魚のカテゴリーだったなと改めて感じせる風味が漂いますよね。

ひつまむしの成り立ちには諸説あるけど、柔らかな関東風との食感の差が、予め刻んで出す合理なのかなと思います。こっちのまむし丼も小さい切片を乗せたり、飯に挟んだりしてるもんね。

玉子大好きな私は、やっぱり頼んでしまう鰻玉丼。

どーんと乗った、だし巻き玉子はほんのり塩味でふんわり焼かれております。そのまま食っても旨いのですが、卓上のうなぎのタレを適宜かけて食えと言われて、いやいや、そんな事したらうなぎ無しでも丼飯食えちゃうじゃん!!

もちろん、うなぎもおいしく、お値段もほどほど手頃で、使い勝手の良いお店だね。

一等地でありながら敷居を上げすぎないのが、大坂らしいなと感じます。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました