阪神梅田本店の「絹笠」でとうもろこしとん蝶

スポンサーリンク

今回は雨に怯えながらの高校野球観戦となりましたので、球場で手っ取り早く食べられるものを調達しておきました。

滞在中に一度は食べたい、とん蝶です!

製造する「絹笠」は神戸にルーツを持つ和菓子屋さんですが、実はお菓子を一度も食べたこと無くて、もっぱら、とん蝶のお店という認識です。

以前は梅田や難波にも直営店を構えていたように記憶しています。その後、卸に特化するような方向でスリム化を進めているみたいですね。

改装中の阪神百貨店では和菓子コーナーに小さく展開しておりましたが、その後は銘品コーナーにならぶようになるようで、専用の売り場は無くなる旨のアナウンスが見えました。

細かく刻んだ塩昆布を挟んだ、もち米のおにぎりです。

殊更珍しいものは入っていないシンプルなお品なのですが、なんだか絶妙に旨いんですよね。

いくつか種類があり、こちらは季節限定となる黒豆とん蝶。

お豆は柔らかく煮えており、食べごたえがありますが、アクセントの役割としては通常の大豆の方が印象に残りますかね。

その店、とうもろこしは、ぷりっとした食感や甘い風味など、いつもの味とは違った面白みありますよ。

こちらは虎の黄色をイメージしたであろう、阪神限定商品です。オススメです!

コメント一覧

  1. とん蝶、旨いよなぁ。
    関西方面へ出張した時に新大阪駅で買う晩飯の個人的定番ですわ。
    心斎橋の本二鶴とか大黒とか、今は亡き松屋町のたこ竹とか、大阪のメシは地味目の米系のメシが旨いと個人的には思います。

  2. >中さん
    ご飯物といえば吉野鯗にも寄りたかったのですが、全然時間がなくって。
    派手な街で、長く残っている地味なものには、やはりそれなりの裏付けがありますね。

タイトルとURLをコピーしました