秩父・小鹿野町「石川漬物」の元祖しゃくしな漬

スポンサーリンク

秩父地方には、しゃくし菜というご当地野菜があります。

雪白体菜というのが正式名称らしく、チンゲンサイやパクチョイの親戚にあたる中国ルーツのお野菜なんだって。

霜が降りる前に収穫したものを各家で漬物にして、冬場のビタミン源としていたようです。

今日では秩父土産の定番品になっておりますよ。

私は西武秩父の駅で購入しましたが、エリア内のほぼすべてのお土産処で取扱っているのではないでしょうかね。

杓子に似ているからしゃくし菜ということで、その名の通り、根元に近い部分が幅広なんだよね。

茎が柔らかくたっぷりしている分、しゃくしゃくした食感を楽しめますよ。比較的柔らかく繊維が口に残らないのも良いところ。

お味はやはりアミノ酸等が入ってしまうのですが、塩分は控えめでわずかに発酵の酸味もあり、おひたし感覚でたっぷり食べられそうなお漬物でした。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました