秩父の「みな寿し 番場町店」で岩魚すし

スポンサーリンク

「秩父まつり会館」のならびにある、お寿司のテイクアウト店。

本店は秩父市公設地方卸売市場の近くにドーンと構えておるようです。

こちらの岩魚ずしもご当地名物の一つのようで、道の駅等でも扱われておりました。

番場町にある支店は商店街からはちょい外れた立地で、ご覧のようにだいぶ閑散としておりました。ただ、お隣が観光バスの駐車場なので、往時ならば団体客等が訪れることもあったのかな。

西武秩父駅では、かつてのように駅弁を取扱っておりません。

代わりにかつ丼や豚みそ丼等、祭の湯のフードコートで作るテイクアウト品や、コンビニスペースに若干ならぶ「武島家」の巻き寿司、そしてお土産コーナーに積まれる、この岩魚すしが数少ないお弁当の選択肢となります。

金色に輝く秩父の岩魚の押し寿司。

てか、これは昆布の色じゃねーかという気も若干します。

お土産品の宿命としてガッチリと酢じめされたバッテラ的仕上がりで、赤酢を使うという甘めのシャリの味がどうしても勝ってしまい、川魚の繊細なお味はよく分からねぇというのが、正直な感想です。

ただ、うちの近所のスーパーに岩魚がならぶことは、まず無いからな。聞くだけで旅情を掻き立てられる岩魚というワードです。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました