秩父の「松本製パン」であんバター

スポンサーリンク

国道299線にあるパン屋さん。

こちらも創業大正13年という老舗です。

散策中に通りがかって、昭和レトロな構えに惹かれたのです。いや、歴史的には大正レトロというべきか。店頭の貼り紙等、観光アピールも抜かなく。

どれどれと覗いてみたところ、平日お昼の時点で、パンはもう一つ二つしか残ってなくってさ。

くそぉぉ! 翌朝はるばる歩いて戻ってきたのですよ。コッペパンを買うだけのためにね!

元々あんまり多くは作ってないようで、コッペパンをメインに、菓子パン、惣菜パンがいくつかという朝の棚でした。

一番人気のあんバターはこんな感じ。

コッペパンにはお好みでジャムやピーナツバターを塗ってくれる式よ。

声をかけると、奥からお母さんが出てきて、さっと作ってくれました。

旅の間に饅頭ばっか食ってて、さすがにあんこはもう嫌だなって気分だったのだけど、これはスルスルくえてしまったわ。

皮のマットで素朴な食感がいいよなぁ。

中身はふんわかして、潰すとぺちゃんこになるから、カロリーはゼロだと思いまーす。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました