秩父の「松林堂」で黒糖水ようかん

スポンサーリンク

本町にある和菓子さん。

お店は本町通りの一本裏手にあり、ここらはすっかり住宅街の風景です。

ご覧のように、現役バリバリのお菓子屋さんというよりは、古い駄菓子屋さんの体裁なのよ。すっかり退色していつ仕入れたか分からんような品がならんでそうな感じの。

しかし、こちらも明治18年創業となる老舗とのことで、つくづく秩父のお菓子屋さんを軽く見てはいけないなと思うのです。

名物は水ようかん。

さすがにお土産には出来ないし、宿でも食いきれないだろうと、諦めていたの。そしたら、長瀞駅のお土産屋さんでも小包を普通に扱ってるし、意外と日持ちもするようなので、買っちったわ。

こいつを宿の冷蔵庫でよく冷やして、湯上がりにスルッといっちゃうんだぜ!

と気分を盛り上げましたが、一般的なものよか、ちょい重ためな仕上がりなんだな。甘さが控えめなのも影響してるんだろうけど、さっぱり食いたくとも、黒糖のコクと豆の粒子に阻まれて、筆が最後まで気持ちよく払えない感じがあるのよ。

これはまぁ好き好きかな。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました