秩父・御花畑の「秩父そば 御花畑駅売店」でしゃくし菜そば

スポンサーリンク

御花畑駅に併設された、秩父鉄道が運営する駅蕎麦です。

なんぞスイートな駅名がついておりますが、周囲に花畑なんぞは無くて、これは祭りの際に神輿の休憩所を ”お花畑” と呼ぶことに由来しているのだとか。

小さな駅ですが、西武線からの乗換駅にもなっており、秩父鉄道においては羊山公園の最寄り駅なため、 ”芝桜駅” という副駅名も掲げられています。

んで、なぜか立ち食いそば屋が2軒もあって、小さなパイを食い合っているのですよ。

ちなみに、もう一軒の「はなゆう」の方はあごだしが自慢とのことで、うどんの方が合うんじゃねーかなと。今回は蕎麦目当てで、なおかつ観光キャッチなメニューがある「秩父そば」の方を選びました。

しゃくしなそばはその名の通り、地元名産のしゃくし菜漬を油炒めにしたものが具になっています。

漬物の甘酸っぱさも違和感なく馴染んで、意外と蕎麦の具にしても旨いもんなんだな。

その他、わかめ、ねぎ、青のりの天かす。

お蕎麦も地元「せきた食品」の挽地そばを気張っています。挽きぐるみなので、モッソリしつつ引っかかりのある食感。

汁は透明度があり、わりと関西っぽくも感じますかね。

秩父では希少な朝食スポットでもあり、ここから長瀞に向かう観光客も含め、思いの外賑わうお店でした。 

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました