熱海の「三木製菓」でネコの舌、あまから

スポンサーリンク

熱海の洋菓子屋さんです。

今回は熱海銀座の方まで行かなかったので、駅前の第一ビルに入る販売所で購入しました

温泉地というと、温泉饅頭のように田舎っぽい和菓子のイメージですよね。しかし、さすがの昭和セレブの保養地、熱海です。レトロな洋菓子文化もポツポツと残っておりますよ。

こちらは焼き菓子で有名なお店ですが、レトロ味のある生菓子も扱っており、ほんとはたっぷり買って、ホテルに持ち込みたかったよ。ロールケーキなんかもシューロールのスタイルだったりするところが、ご当地っぽいなぁと感じました。

定番のネコの舌は、いわゆるラングドシャ。薄焼きの細長いクッキーです。お味はヨックモックをわかりやすく古式にしたような風合いで、素朴ながらしっかり甘くておいしいです。他に小分けにされたミニネコも売っていますし、日持ちするので、お饅頭よりもお土産に便利なんじゃないかな。

同じ生地を丸く焼いてレーズンを乗せたデセールもいいですね。薄い生地を噛む際にほんのり糖分の粘りがあるとこが好き。

シンプルなお味のリーフパイはぶ厚焼き。パイがふんわりしているので、これは輸送中に崩れやすいかな。

面白いのが、自家製のおせんべいも売ってるとこ。これもイケますな。あまからは軽く揚げた醤油せんにお砂糖をまぶしたもので、こんなの!嫌いになれるはずがないじゃん!デブとして!!!

こちらは小さな詰合せのミニボックスです。ミニネコとやや野暮ったいバタークッキー、しっとりして、レーズンにタプンとお酒を含んだブランデーケーキも旨いです。

こちらのお菓子、家族にはなぜか不評なのですが、私が大好きなんだよね。

もちろん、一人で全部食べますよ!!

ダイエットできないのは、お前らのせいなんだからね!

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました