富士の「大石食堂」で肉ラーメン

スポンサーリンク

この日、予め目星をつけていたラーメン店が、まさかの週休3日体制となっており、しっかりフラれてしまいました。つくづく計画通りには運ばない今回の旅行です。

南口を散策中に通りがかったこちらのお店は、カツ丼なども出す、気さくな中華食堂。

かつては宴会需要にも対応していたであろう広いお店なのですが、雰囲気はダウナーで、平日の夕刻に他のお客の姿は見えませんでしたね。

つか、夜営業が17時からの90分のみってのは、だいぶシビアな気がしますよ!

お店のオススメっぽい肉ラーメンをいただきました。

これが、なかなかに個性的な麺なのよ!

バラ肉と玉ねぎをさっと炒めた餡がかかるのですが、この餡がだいぶ甘い上に、メンマの甘みも加わります。そこへ玉ねぎがシャクッとして、ピリッと辛くて、みじんニンニクのゲテ風味も漂う仕上がり。

甘みの好悪はありそうだけど、あと引く大衆みがありますね。

肉というよりは半生なたまねぎが印象的な麺で、期せずして、面白き一杯に出会えましたよ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました