沼津の「千楽 本店」でカツハヤシ

繁華街の外れにある洋食屋さん。

ソロモンよ、私は帰ってきた!

久々にやってきた沼津の街ですが、駅周辺の商店街などは、廃れがさらに一歩進んでしまったような光景でありました。

それはそれで旅情を漂わせ、私も決して嫌いではないのです。
でも、住民の方々からすると、やっぱ、寂しいだろうなぁという気がしますね。時代の変化の中で価値あるものが力尽きてしまったケースも多いのでしょう。

こちらもさ、ぱっと見は閉店しちゃってるようなくたびれた構えでありますよ。

いやいや、お料理は現役バリバリのムキムキなのです!分からんもんだよね!

店内は昭和の下町食堂といった体裁で、きちんと清潔に維持されております。
奥さんの接客も優しく、まったり落ち着く雰囲気です。

今回はしっかりお腹を空かせてきましたので、例のメニューを頼んじゃいますぜ!!

カツハヤシです!!ドーーーン!!

このど迫力ですよ!!もうたまらんよね!!これを目当てに今回沼津まで出張ってきたわけです。

ブッブーですわ!ラブライブサンシャインなんて、ついでですわ!

実は北口店で、この大ボリュームをモクモク食らう沼津男女に戦慄した経験があり、この日も直前までご飯を減らしてもらおうかという弱気な葛藤と戦っていたのです。

でも、信じてみたいと君の目が濡れて、迷う気持ちもバイバイとなりました。
デフォでも、全然イケました。旨いから!

ぽってりとしたハヤシソースはビーフシチューを煮崩したような、レトロな味わい。ちなみに、北口のはもっと粘度が低いもので、ボリューム含め、若干の違いがあるのかもしれませんね。

このハヤシだけでも、全然アリで、ニッコニコで帰れるような旅先の収穫となります。

そこへダメをゴリ押しするような分厚いカツ!

このお店は肉屋から賄賂をもらってるんじゃないかというくらいパワフルな肉料理を出してくれるのだけど、特にカツはヤバイよね。

脂に頼らず、分厚いお肉をサックリ齧る肉食の醍醐味!!
薄衣でもって、わずかにコクを支え、香ばしい風味を加えていますよ。

だから、本来ロースが旨いカツ丼で食うよりも、ハヤシのようなこってりソースと共存できる点がポイントなのかも。実際これだけ食って、食後はそれほど重さを感じません。

また、ハヤシを完全に被せない盛り付けだから、最後までサックサク。
このカツを塩なり、卓上の揚げ物ソースでいただくことも可能なのです!!うひゃーーー!

やはり、素晴らしいな、千楽は。
沼津のお味をしっかり堪能させてもらいましたよ。

本店は特に、この先いつまで続けてくれるのかという不安もありますが、ぜひ残ってほしいのよ。

助けて、ラブライブ!

コメント

  1. 匿名 より:

    沼津シリーズのコメントとしてこちらに投稿させていただきます。
    沼津行かれたんですね!!
    私も娘(本物の小学生)とほんまさんと同じように横浜市南区から
    春先と7月に行きましたよ。
    内浦方面は行きましたか?
    松月のかんかんミカンタルトけっこういけますよ!!

  2. Ca より:

    あれっ?少なくなったのねって思ったら、本店の方でしたか?
    カツハヤシは知らずにオーダーすると大変なことになりますよね。
    でも美味しかった~。

  3. 管理人 より:

    >匿名さん
    いやぁ、内浦はまだなんですよ。
    今回はすぐ帰らなきゃいけなかったので、次回の楽しみにとってあるのです!
    海岸に、Apoursって書いてくるよ!!

  4. 管理人 より:

    >Caさん
    やはり北口店とは盛りが違うか。
    でもこれも、けっこうな大盛りでしたよ!!
    そして、このくらいが私の美味しく食べられる上限かも。