沼津の「パティスリー サクライ」でバニラクーヘン

北口から10分くらい歩いたとこにある洋菓子店。

沼津の洋菓子といえば、シューロールが有名ですが、その影にひっそり隠れて、ミニサイズのシュークリームも一定の市民権を得ているようなのです。

沼津民はやたらとシュー皮を愛してるのな!

こちらでミニシューといえば、スーパーや太子堂なんかで買うチープなもんが思い浮かびますが、ご当地ではちゃんとしたパティシエメイド。

小さな分、安価ですし、カワイイサイズのものをとりどりに詰め合わせれば、お土産のプレゼンテーションもバッチリ決まりそうで、なかなかいい感じなのですよ。

こちらのお店も主力はミニシュー。

一般的な丸型の他に、エクレアを小さくしたような円筒形のものを扱う点、やはり「東京さくらい」と関連があるお店なんじゃないかな?

このお店は研究熱心なのが良いところ!
オーソドックなミニシューにとどまらず、いろんなアレンジを工夫して、面白い商品を作っているのです。

前回、イケるじゃん!と感心した、シュードーナツを目当てに立ち寄ったところ、バニラクーヘンなる新メニューを発見!!!

すかさず、店頭で丸呑みを試みるデブなのです。
もちろん、ドーナツの方も食うぜ!揚げ物食うぜ!

シューの上にバームクーヘン生地を乗っけてこんがり焼き上げたものなんだって。ある意味メロンパンのようなアレンジでありますが、すでにシュークリームという概念からは、だいぶはみ出ているような気もします。

しかし、これまたイケるの。
クーヘン生地により甘香ばしく食べごたえが増してる。また、中のカスタードもそういう力技に負けない存在感があります。

生菓子なので、食べ歩きの形で各店の調査ができていないのですが、沼津のミニシューには今後も注目したいですね。

ヲタクはファンミで差し入れろよ!