沼津の「東京さくらい」でプリンシュー

スポンサーリンク

港大橋の袂にあるシュークリーム専門店。

謎多き沼津ローカルスイーツの一角であります。

シュークリームといっても、我々が知るこんもりキャベツ型のそれではありませんよ。

形状的にはむしろエクレアをハーフサイズにしたようなベビーシューが主力商品。

このスタイル、元々は沼津のデパートに出店していたこちらのお店がルーツになっているらしく、その影響は沼津にとどまらず、静岡各所に残っておるようなのです。

店頭のケースにはクリームや具材、コーティングを工夫したとりどりの品が並べられて、これがドーナツ屋さんみたいな感覚で楽しいのよ。サイズが小さいから、1人で2、3個食べられるのが良いところで、諸々取り混ぜて手土産にすれば、相手の大喜びが目に見えるわな。

右上からカスタードと生クリーム入りのミックスシュー、塩バニラシュー、そしてプリンシューです。

本家のサイズは比較的大ぶりで、やや昭和な野暮ったさも漂う仕上がりかな。

ネタ的にはプリンシューでしょう!

こう見えて、芸が細かくてカットしたシュー皮の土台部分にはカスタードを捻り、フタ部分を裏返して生クリーム、その上に浅型のあっさりプリンを乗せて、周囲をデコしたもの。

ぶっちゃけ、口に入れてしまえば、普通のシューと大きく変わらん味なんだけど、テンションは否応なくあがるわな! プリンぶっこんだシュークリームなんて見たこと無いもん!

同様にシュークリームでもって、スライスしたロールケーキをがっぷり挟んだロールケーキシューという豪腕商品もあり、沼津のベビーシューってば、わりと何でもありな包容力を感じます。

なお、駅北の高島本町に「SAKURAI」という洋菓子店があり、おそらく何らかの関係があると思うのですが、パティスリーとしてはそちらの方がより洗練された印象です。ベビーシューを揚げたやつが旨いです。

こういうの、首都圏の駅に進出しても人気出そうに思えるのだけどなぁ。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました