スポンサーリンク

沼津の「ボルカノ」でミートボール

大手町の商店街にあるスパゲティ店。

沼津にはどういうわけか、飛び地として、あんかけスパゲティの文化があるのです。

正直に告白すると、好みじゃないんですよ。

ただ、先だって、名古屋であんかけスパゲティを何軒か食べてきたので、その記憶が残る今ならば、沼津のあんかけスパの感想にも輪郭がつくのではないかと、決意を抱いた再訪です。

駅前のメインストリートとはいえ、だいぶ寂れた環境。しかし、このお店だけは様相が異なりますよ。さすがのソウルフードだけあり、店内は老若男女の地元支持が席を埋めておる状況です。

その一方で、店頭は努めて押し出さず、まるで植毛クリニックにこっそり入っていくかのような背徳感さえ漂います。

あんかけスパ店では、トッピングの洋食メニューに意外な育ちの良さが出るとの話があり、前回はポークカツブールノワという、焦がしバターソースのカツレツ乗せをいただいたのですが、正直カツだけで食べたい気持ちだったのよね。

今回はミートボールを頼みました。男の子だもん!

油炒めスパの整った盛りつけと、正面奥の心もとなき空白地。

ソースはやや少なめなんだよな。足りないわけでは無いのだけど、決して多くはなく、ビギナーが初手でケチると、食味の薄い印象になりがちかもしれません。

ランチの時は特に印象に残らなかったハンバーグも、ミートボールにするとぷっくりチャーミングな印象だわね。

あんかけソースのお味はややマイルドで、強いていえばトマト寄りかな。

コショーを効かせる名古屋主流との大きな違いは、やはりハーブなんだろうな。

予めソースにも入っておりますが、卓上にもハーブミックスが別途置かれて、追いがけ上等な体制なのです。

それなりの乾物っぽさもありますし、やはり、これの好きずきかもね。もちろん、あんかけスパ自体のビミョーもあるのですが、肌に合わなさが古式の気配だったりもするので、難しいところよ。

あとは盛り合わせランチに、千切りキャベツの代わりについてくる、シュークルートの存在か。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました