スポンサーリンク

沼津の「ザ・チェンバー」でレイジーマスター

狩野川沿いにあるバー。

スマホのレンズが汚れテール。

リバーサイドホテルのすぐ裏手に、地元素材を使ったクラフトジンの「沼津蒸留所」ができており、その場でも飲めるという噂は聞いておりました。

バースペースはオープンスタイルなので、だいぶ肌寒くはなっておりましたが、逆に暖かい季節には、川っぺりで気持ちの良い夜を過ごすことができそうです。朝からカフェ営業もしてるみたいなので、朝食どころとして覚えておいてもいいかもね。

レイジーマスターという銘柄を冠する自家製ジンは、全部で5種類の瓶がならんでおり、それぞれのお味に合わせた、割り方やカクテルなどを勧めてくれます。

おつまみは乾き物とピザくらいかな? 日によって変わるのかもしれませんが、もっとなんかツマめれば、長居もできたかな。

この夜はお客さんもパラパラだったけど、お姉さんのワンオペでちょい大変そうだったわ。

西浦みかん等を使ったシルキーシトラスと、シャイニーレモングラスをいただいたんだっけか。

どちらも地元産のボタニカル(つか、ボタニカルってなんなんだよな? 植物のことかよ! まったく)を調合して、重層的な香りになっており、観光的にもなかなか面白い品です。

デポジット式のプラカップは、お土産にしてもいいみたい。

昨今、沼津はやたらと地ビール店などが立ち上がっており、醸造の街化しつつあるんだよね。それらもまた面白い動きなので要注目ですね。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました