沼津の「火の車」でみっくす焼きそば(並)

丸子町にある焼きそば屋さん

沼津市民のソウルフードってなんなんだろうと
検索してて、引っかかったお店です。

初手から白状してしまいますが、
今回の旅で一番旨かったのがこれよ!

駅前の繁華街からはだいぶ離れた住宅地にあるんだよ。

周囲には工場やホームセンターがあるくらいで、
他に飲食店の気配もないし、この地からどうやって、、
その存在を浸透させていったのかは謎です。

この日は開店時間を待って一番乗りしましたが、
ほどなくタクシー運ちゃん達が集まってきたり、
注文の電話がガンガンかかってきたり、たちまち忙しくなってきました。

メニューは焼きそばとお好みとおでん。
具も基本3種類とかなり絞られています。

この山が、並の盛りという大サービスな!!

事前に画像を見ながら、
盛りが支持されているお店なんだろうと思っておりましたが、
いやいや、実態は違いました。

旨いのよ!

物量の半分くらいは細切りキャベツなんだけど、
これがダレておらず、シャッキリふんわりと火が入り、
おやじさんの鉄板技がハンパないことを伺わせます。

はじめはこのキャベツの食感かと思って食べていたのですが、
どうやら麺も違うのよ!

某両面焼きそばのように、しっかり焼き付けた部分があって、
パリサクのスナッキーな食感を演出しているのです。

これは巷のソース焼きそばとは一風違った逸品ですわ。

あまりに安いのが申し訳なく、
ブタだけでいい派の私が、珍しく具をおごってみたのですが、
エビはともかく、ゲソの風味や味がじんわり出て、いい感じ。
デフォで入ってるだろう桜えびも香ばしく、やはり食感の面白みとなっています。

調味は薄めで、お好みで卓上ソースを掛けていただくようなスタイル。
おそらく、その辺もこの独特の食感を保つ秘訣なのかもね。

私、とても気に入っちゃいました!
もう一度沼津に寄る機会があったら外せないお店です。

カスタムフィールド
オススメ: ★★★★
レクタン大
レクタン大