沼津の「高千穂」でぎょうざ(6個)

スポンサーリンク

北口のある餃子専門店。

地元民の支持が高いお店なんだとか。

駅の北口には出張族向けのビジネスホテルが多く、
泊客向けの飲み屋もチラホラと見られますね。

もっとも今時は中国団体客の宿泊が多そうだけどな!
スゲーうるせーよな!廊下で騒ぐなっつーの!

さておき、こちらには昼時の到着となりましたが、
特に行列は無いようで助かりました。

持ち帰りも含め、夜まで通しで営業しているということで、
某2店に比べると、入店のハードルはだいぶ低いと思われます。

ただ、みっちり使い込んだ感じの店内は十分に盛況で、
店の爺さんと兄貴は大忙しでありました。

メニューはやはり餃子と飯汁とドリンクのみ。

こちらの餃子はいわゆる”焼き茹で餃子”ではありません。

カリサクに焼かれた見事な焼き餃子で、
やはり、餃子はこうあるべきじゃんと相好が崩れます!

でも、ひとくち食べて、?????

餡の中に肉一片の気配も無し。
細切りキャベツとニンニクと調味料のみ。

沼津の餃子よ、一体どうしちゃったんだ!
回教徒なのか!?なにか標準化されたくない気骨でもあるのか?!

もっとも、中身が野菜だけでも、
餃子の要件をそれなりに満たしてしまう恐ろしさなのです。

一個の餃子がデカい!
飯抜き控えめな6個にしたつもりが、
けっこうお腹に溜まっちゃう中国四千年の完全食。

アッツアツで、サクッと焼かれた皮は
野菜の甘味を吸ってとても良い感じです。

ここに肉も入れば完璧だろと思うのですが、よく分からん!
十分に旨かったのですが、やはり釈然としない部分が残る一皿でした。

ちなみにもやしはいらないと思います。
あれは肉の口直しだからな!!

コメント一覧

  1. お~、高千穂の餃子も召しあがったのですね。
    肉が入ってない分、ヘルシーで大っきくて、沼津の餃子は個性的ですよね~♪

  2. >Caさん
    これも、肉入れればいいじゃんて思うんですよ。
    なんでそこまべベジに拘ってるのかが、全く分かりません。
    おいしかったのがなんか悔しいです。

タイトルとURLをコピーしました