沼津の「ひねもすカフェ」で手焼きどら焼き

魚町にある古民家カフェ。

沼津には昔ながらの喫茶店も多いのですが、
コジャレた今風のお店も無いわけではありません。

でもね、やたら早く閉まってしまう!とか、
ちょっと駅前から離れている!とかで、
今回の旅ではほとんど巡ることが出来ませんでした。
定休日とかもあって、上手くスケジューリングできなかったのね。

さて、こちらは大通りに挟まれた裏道にひっそりと佇むお店です。
つか、この場所は隠れ過ぎのきらいもありますよ!

なんだかんだでフラれ続けて、3回も足を運んだのに!
店頭写真を一枚も撮っていないというね!

古い蔵?店舗?を店主自らリノベーションした風なお店は、
雑貨や昭和な古民具がそこかしこに配され、
趣味の詰まりまくった面白い空間です。

コッコッコッという昔時計が刻む音を聞きながら
コタツ席で漫画読みつつ、マッタリできたり、
なるほど沼津にもこんなお店があるんだなぁと驚きますよ。

メニューは手作り甘味やドリンクの他、
がっつりなお食事も出来るみたいですね。

今回は手焼きで作っているどら焼きを頼んじゃいました。

茶葉かなんかを混ぜたようなほろ苦い皮。
素朴に炊いたあんこの上にクリームがムニッとはみ出て、
なかなかキャッチーなルックスです。

でも、惜しい!作り置きなのか皮にホカホカがない!
ザラガリのデザイン器が食べづらい!
んでもって、ちょい高いという感想です。

飲食的にはもう一歩を期待してしまいますが、
このお店の雰囲気だけでも十分な価値があるので、
旅の途中に立ち寄るのはアリだと思います。

レクタン大

コメント

  1. べるてん より:

    今日、Eテレでこちらのカフェが放送されていましたよ!
    http://www4.nhk.or.jp/furucafe/x/2016-05-29/31/12918/1973004/
    オーナーは東京から移住してきたそうで、内装は近所の人が協力し、器も地元の作家の作品とのことで、地元に密着した味わいのあるカフェなのがわかります。

    こんな番組やってたなんて全然知りませんでした。
    オーナー本人や常連客がドラマ出演して、演技してるのが笑えます。

  2. 管理人 より:

    >べるてんさん
    どんなドラマなんだ!
    お店よりもそっちが気になってきました。